レベルに合わせた靴選び|気になる子供シューズの選び方を知っておきましょう

子供の成長に合わせよう

レベルに合わせた靴選び

足

歩き始め

子供シューズといっても、その歩けるレベルによってシューズの選び方は変わります。歩き始めのいわゆる「よちよち歩き」と呼ばれる時期にはつまずくことがないようなシューズを選ぶことが最も大切です。シューズをしっかり固定することができるベルトがあるか、つまずきにくいように巻上底があるか、靴の素材が柔らかいかといった点を主にチェックするようにしましょう。またこの頃の時期は足首がまだ柔らかいので、関節を守るためにある程度底が深い靴を選ぶようにしましょう。他にも、すぐに足のサイズが変わるのよちよち歩き期は、価格とのバランスも考えながらチョイスすることが大切になります。

歩くことが慣れてきたら

歩くことに慣れてきたら、よちよち歩きからとことこ歩きといわれる歩き方に変わります。とことこ歩きができるようになると、自分で元気に動くことができるので通気性や吸湿性の高いシューズを選ぶようにしましょう。とことこ歩きになると、足への負担も大きくなるのでクッション性が高いかどうかも意識するポイントになります。つま先に数mmの余裕があり、曲がりやすい靴が最適です。

走れるようになったら

とことこ歩きを卒業すると、次は走れるようになります。子どもが走れるようになったら、靴を履く行為も自分でできるようになります。そのため、自分で履いて脱げる靴を選ぶようにしてあげましょう。運動量が多くなってもしっかり耐えることのできるクッション性のあるもので、通気性と吸湿性は重要なポイントです。走れるようになると一気に運動量があがるので足のトラブルも多くなります。合わない靴を選んでしまうとかかとが痛くなったり、つま先が痛くなったりします。よちよち歩きととことこ歩きの時期よりも慎重に靴を選ぶようにしましょう。走ることにも慣れてくるとさらに機能付きのシューズも出てきます。

靴選びは慎重に

子供は成長も早く、短い時期の違いでシューズに必要な要素も変わってきます。元気に走れるようになるか、ケガが増えるかはシューズの選び方次第です。健康的にケガなく成長させるためにも慎重にしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。